Tel:03-3920-3580受付:9:00~18:00 休業日:土日祝

パーリィーの革素材について


大自然に育まれたフィンランドエルクの、うっとりするようなソフトなタッチ感

エルクの革との出会いは15年以上も前。あるタンナーさんの床に転がっていた、クロムなめしされた傷だらけの原皮。
代表の白潟が「これは何?」と聞くと、「重たいし傷は多いし、この皮は使えないシロモノだよ」と言われます。
 けれどどうしても気になって1枚だけ革に仕上げてもらった瞬間に「これだ!」とひらめきました。
今のエルクシリーズが始まったエピソードです。
タンナーがサジを投げるほど、確かにエルクの傷はすごいものでした。家畜でなく、フィンランドの厳しい原野で生きていく野生動物だからこそ
ケンカもするしバラ傷も多い。9月から12月のみに狩猟期が限定されるため、年間を通じて原皮の数には限りもありました。
 ただ白潟にとっては、動物が生きてきた証である傷が、だんだんとデザインに見えたきたと言います。
それが今のエルクの“傷も個性”という考え方に繋がります。
製品に仕立てる以前に、元の革の厚みは1cm前後ありました。そこから全面漉きを入れて、なんとか4mmになるまで薄くしました。
それでも2枚合わせた縫いしろは8mmです。

柔らかい素材ゆえに、ミシンが走らない、革が伸びてしまう、ピッチが狂う、などなど。
初期の職人たちは本当に苦労しました。様々な試行錯誤を経て「エルク」はPARLEYが生み出し続けるオンリーワンの素材とも言えるのです。
 一度触ると忘れられない、ぬいぐるみのようなモフモフした手触り。4mmの厚みが生み出す柔らかさは、エルクだからこそ生み出せるクオリティー。
使い込んでいくうちに、ツヤツヤになっていく様子も楽しめます。
 新しいラインナップも次々と仲間入りする今、一度触れていただき、ぜひエルクワールドの虜になってください。


エルク革について日本皮革産業連合会の公式見解
《エルク革、本来は北米や北ユーラシア大陸に生息する「大鹿」の革。
最近は本物がほとんどない。現在エルクとよばれている革は、比較的厚い牛皮のクロム鞣し革で
手作業やボーディングマシンで銀面をもんだもので。粗目のシボをつけたものをいう。》 
しかしながら、パーリィーのエルク革は希少な本物のエルク革です。希少素材ですが、現地では食用として狩猟されております。
この希少なエルク革は、すべて野生で9月~12月までが現地での狩猟期間です。


エルク革のキズについて

エルクには天然のキズが多数あります。
北欧の厳しい環境で育ったエルクは、その身体に多くのキズを残しています。
そのキズのひとつひとつが大自然を生きた証。
同じキズはひとつとしてありません。自然が創り出したアートなんです。
そのエルク独特のキズが商品として入ります。自然素材ですのでキズがない革はありません。
ひとつとして同じ物がないキズを自分だけのアートとしてお楽しみください。





エルクも鹿革の特性を持ち、同じ効果がある

鹿革は本来シルバーを磨いたり、メガネレンズを磨くのに使用していました。
エルクも鹿革の特性を持ち、同じ効果があります。
なので、エルク独特の手触りでそのケースに入れているだけで液晶の汚れなども自然とキレイになります。
もちろんケースで液晶画面を拭いてもキレイになります。
革厚も4mmで極厚なので液晶もしっかり保護します。



     

       

エナメルのような透明感とキップの手触りが魅力のクラシックシリーズ

革なのに、透明なガラス質のような風合い。吸い込まれるような、深みのあるブルーや グリーンがなんとも言えない美しさを醸し出しています。
PARLEY代表の白潟は、実は無類の昆虫好き。少年時代からクワガタやカブトムシなどの昆虫を追いかけていましたが、
本当はその「背中の光沢感」に惹かれていたからだと言います。
30年以上、最初に開発した革が「ラズベリーレッド」。この色味は「カブトムシの背中」をイメージして作られました。

「クラシックシリーズ」はオランダ産のキップ(中牛)の原皮を使い、国内で鞣しています。
キップは成牛と違い、キメが細かく肌目も美しいのが特徴。
ただ大人よりも版が小さいので裁断の時にも歩留まりを考えなくてはなりません。
鞣し、染色を経て、革を財布などの製品に仕立ててから職人が丹念に磨き込んでいきます。
磨くポイントは「使っていくうちに経年変化していくであろう部分」を想定していること。
これこそパーリィーの歴代の職人たちが脈々と受け継いできたオリジナルの技術です。
新品の時から深いツヤとアンティークのような絶妙なグラデーションと輝きが生まれるのはこのため。
ローファーなどでよく「アドヴァン加工」と呼ばれるものがありますが、革小物で取り入れたのは
パーリィーが初めてと言えるのではないでしょうか。
お客様野中には「まるでコードバンのような質感」と言っていただく方もいらっしゃいます。
この手磨きの技術は、コードバン好きの方をも唸らせるクオリティーだと自負しています。


     

       

別名『レザーのカシミヤ』とも呼ばれる、手に吸い付く肌触りのディア

この革は、ニュージーランド産の「鹿」の原皮を使い、江戸時代から「鹿だけを鞣す」という関西のタンナーに
直接依頼しています。
 実は鹿革というのは、大変丈夫でしなやかなことで知られています。アメリカ先住民の方々の服によく
フリンジが使われていますが、あれは飾りとしてだけでなく、いざという時に引きちぎってヒモ代わりにも使うため。
そのくらい牛や豚よりも繊維質が多く、頑丈であるという証です。
 その鹿革の持ち味を活かすために15年前からこだわっているのは、この鹿を「ベジタブルタンニン(植物性の渋)」で
鞣すこと。使っていくうちに、経年変化による独特の“アメ色の美しく深いツヤ”が出てきます。


 そして革自体は薄くて軽い。ディアのお財布はほとんどがぐふっくらした“袋縫い”になっていますが
その薄さを活かした仕立てになります。この革は市場ではあまり出回っていません。
色つけは表面の凹凸を隠すために顔料を使うメーカーもおおいのですが、私たちは“染料”だけをつかいます。
 またこの革は、お手入れがいらない「メンテナンスフリー」の素材でもあります。
普段のケアは乾いた布で軽く磨いてあげてください。
 レザー界のカシミア「ディア」はそんな思いから生まれました。
 まずその「軽さ」や「しなやかさ」を手に取ってみてください。
 



     

       

ゆたかな曲線と安心感あるしっかりした仕立て。牛オイルヌメのツヤを楽しむパンヘッドシリーズ

「パンヘッド」とはハーレーダビッドソンのエンジンの形。パンに似ているのでそう呼ばれています。
周知のとおり、代表の白潟は現役のハーレーダビッドソンライダーで、日本全国のツーリングから、アメリカ大陸一万キロの旅にも出かけています。
 このシリーズはまさに、ライダー達が旅する時の相棒になればと開発されました。
フォルム感は馬具を彷彿させるような豊かな曲線。なんと言ってもその仕立て方の丈夫さ。バイク乗りだけでなく、普段のカジュアルシーンでも 揺るぎない安心感をもたらします。
 この革は、ベジタブルタンニン鞣しされた牛ヌメを使用し、染めた後にオイルを入れて磨きをかけました。
独特な凹凸感は、その時の磨きの勲章です。カシメはPARLEYロゴ入りのオリジナル。
使い込んでいくうちに、自分自身のからだの一部のような馴染み感を楽しめることから、特にファンの多いシリーズです。



アクセス

〒177-0044
東京都練馬区上石神井1-11-10
代表者:白潟 篤
TEL:03-3920-3850
FAX:03-3920-3886
E-mail:info@parley.co.jp
営業時間:9:30~19:00
定休日:土日祝

カレンダー

※休業日

“いいね”してね

Instagram

@kawakoubou_parley_official