TOPページ > コンテンツページ > 革について



ナショナル ジオグラフィック


      


革製品について

      



 

 1.原皮の輸入

    牛、馬、羊、やぎ皮などが輸入され、豚皮のみが国産原皮となっています。
    原皮はアメリカ、オーストラリアの他にヨーロッパ、東南アジアなどからも輸入されます。
    その原料となる皮は生の状態あるいは、塩蔵された状態などで工場に運び込まれます。

 2.原皮倉庫

    日本の港へ到着後、いろいろな手続きをして倉庫へ持ち込まれ、その後各工場へ運ばれます。

 3.原皮水洗い

    原皮に付着している汚物を取り除きます。
    汚れた水は処理をしてきれいな水にしてから外へ流します。

 4.脱毛・石灰漬け

    原皮を石灰液に漬け込んで皮をふくらませ毛を毛根から抜き取ります。
    毛を抜き取った面が皮の表面(銀面)となります。

 5.フレッシング

    皮の裏面についている不用物(脂肪等)を取り除きます。
    ○スプリッティング(ハンドナイフ)製造する用途(靴、カバン、衣服など)に応じて皮の厚みを分割します。

 6.なめし

    クロムなめし、タンニンなめしなどの方法で皮にいろいろな耐久性を持たせます。
    「皮」が「革」へ生まれ変わります。

 7.背割り

    牛、馬など大きな革では作業がしやすいように1頭分の革を背筋に沿って半分に分けます。

 8.水絞り

    革を絞り水分を取り除くと同時に革を伸ばします。

 9.等級選別

    革の表面(銀面)の欠点が多いか少ないかを見分けます。

 10.ハンドナイフ

    Eのなめしの前に皮を分割しなかった場合は、ここで分割します。

 11.シェービング(裏削り)

    革製品の用途に応じて革を削り最終的な厚みにします。

 12.再なめし、加脂、染色

    革の硬さや風合いなどの性質を調整するためもう一度なめします。
    いろいろな色に染め、同時に革を柔らかくするための油を加えます。

 13.セッター(伸ばし)

    染色した革の水分を取り除くと同時に革を伸ばします。

 14.ガラス張乾燥・真空乾燥・網張乾燥

    網、金属板などに革を伸ばしながら張って乾燥させます。

 15.バイブレーション(革もみ)

    乾燥した革をほぐして柔らかくします。

 16.バフ(ペーパーがけ)

    革の種類によっては、表面をペーパーで擦りとりなめらかにする物もあります。

 17.塗装作業(機械塗り)

    スプレーとか手塗りでまず着色します。

 18.塗装作業(手塗り)

    スプレーとか手塗りでまず着色します。

 19.塗装作業(スプレー)

    希望の色に合わすため、スプレーで最終的な調整をします。

 20.押し・アイロン

    革を伸ばしたり、艶を出す目的でアイロンをかけ美しさを強調します。
    また、革にいろいろな模様をつけるために型を押します。

 21.物性試験・外観検査

    革の色、強さ、柔らかさなどすべての品質検査をします。

 22.計量

    革の面積を測ります。
    日本では10cm×10cmの大きさを1デシと呼び、面積(デシ)で売買します。

 23.梱包・発送

    革が汚れないように荷造りして発送します。

 24.製品となる

    靴、カバン、ベルト、衣服、手袋、グローブなどの製品となります。


   この説明の図入りはこちらのページをご覧ください。

 

      


皮革の種類

 原料皮による分類

   <牛革>
    あらゆる皮革の中でもっとも用途の多いのは牛皮です。わが国でも牛皮による皮革製品が各種にわたり作られていますが
    原皮そのものは85%以上を海からの輸入に頼っています。
    原皮には産地、性別、年齢により品質にかなりの差があり、次のように分けられます。

     カーフ
     生後約6ヶ月以内のもので牛皮中トップクラス、小判薄手でキメの細かいのが特長です。

     キップ
     生後半年以後から1年余までのものでカーフより厚手になり、強さも増します。

     カウ
     生後2年以上のメスの成牛の皮。ステア、ブルほどの厚みはありません。

     ステア
     生後3〜6ヶ月以内に去勢したオスで、生後2年以上を経たものの皮。厚みが比較的平均しています。

     ブル
     生後3年以上のオスの成牛の皮。厚手になり、線維組織の粗さが目立ちます。

     地生(ヂナマ)
     国内産の牛は、生皮のままで取引されたところから地生と呼ばれます。
     一頭分の大きさは北米産とほぼ同じですが、海外のものよりもぎん面に傷が無く綺麗です。


   <山羊革>
    衣服、手袋などに用いられます。特に子山羊の革はキッドと呼ばれ高級靴、高級婦人手袋に多く用いられます。

   <羊革>
    薄く、柔らかで主に衣類、手袋に用いられるほか、書籍の装丁にも使用されます。
    なかでもインド産羊皮は、その革の優秀性が世界的に認められています。

   <カンガルー>
    カーフより上等、しかも丈夫でしなやかです。のびて変形しないため、ごく高級な靴、スパイクシューズに使用されます。

   <ピッグスキン豚革>
    わが国唯一の国産原皮で塩蔵原皮として大量に輸出されています。摩擦に強く軽量で通気性に優れています。
    牛革についで利用範囲が広く、カバン、袋物、ベルトをはじめ靴の甲裏革や敷革に用いられます。

   <馬革>
    馬革の尻の部分は組織が緻密で光沢の美しい革ができるので、特にコードバンと称して珍重され
    靴、ベルト、時計バンドなどに使用されます。その他の部位は靴の裏革などが主な用途です。

   <鹿革>
    鹿の皮を動植物油でなめした皮は、柔らかくしなやかでセーム皮と称しています。
    航空機用ガソリンこし、ガラスふき、高級手袋、帽子、衣服などが主な用途です。

   <オーストリッチ>
    ダチョウの皮。羽を抜いたあとが丸く突起し、皮の表面におもしろい模様があるため珍重されます。
    数が少なく、高級な袋物、ベルト、靴、草履に使われます。

   <爬虫類>
    ワニ、トカゲ、ヘビの3種が主なもの。いずれも革の模様が珍重されます。
    高級袋物、ベルト、時計バンド、靴、草履がその用途です。

 革のタイプによる分類

   <タンニン革>
    代表的ななめしの方法のひとつで、堅牢で摩耗に強い革。
    独特の経年変化が楽しめて使いこむ程によい風合いになっていきます。
    なめしの期間で使用用途が分かれており、長期間ピットなめしをしたタンニン革は底革として靴底等に使われ
    底革より短時間の物はヌメ革といい底革より柔らかいです。

   <銀付革>
    天然の革の銀面(表面)を活かしたもので、カゼイン(水性)およびラッカー仕上げされるものが多く
    美しい銀面とすぐれた耐久力、快適な使用感を備えた銀付革は紳士靴、婦人靴、鞄袋物用革、ベルト用革
    衣料用革素材として圧倒的な人気を得ています。

   <ガラス張り革>
    主として成牛革を用い、なめした革を平滑なガラス板やホーロー鉄板に張り付けて乾燥し
    銀面をサンドペーパーで削り(バフィング)塗装して仕上げたものです。
    銀面を均一にならした上で塗装するため光沢がでます。
    堅牢で手入れが簡単なのでタウンシューズ、学生靴、その他の鞄袋物用に使われます。

   <スエード革>
    ベルベットの様な外観を与えるために、革の内面(裏側の床面)をサンドペーパーで毛羽立たせて(バフィング)
    ベルベット状に起毛させて仕上げた革で、毛足のやや長いものはベロアと呼ばれます。
    ピッグスエードは柔らかく使いやすい素材です。

   <バッグスキン革>
    鹿皮の銀面を除去し毛羽立てた革。きわめて柔軟であり、スエードと同様の用途に用いられるので
    スエードと混同して呼ばれることがあります。

   <ヌバック革>
    スエードと逆で、革の銀面をサンドペーパーで毛羽立たせた革。
    スエードと比較すると毛羽が短くビロード状で、ガラス張り革よりも銀面を削らないため風合いも残ります。

   <床革>
    厚い革を2層か3層に分割し、銀面層以外のものを床革といいます。
    ケバをバフしてスエード調に仕上げたもの、型押し仕上げをしたものなどがあります。

   <シュリンク革>
    縮革とも称します。なめしの工程中に薬品を用いて銀面を縮めたもので表面にシワが生じます。

   <エナメル革>
    クロームなめしのカーフ、キッド、キップ、馬革などの表面に光沢のよく出る塗料を施したものです。
    ガラス張り革とは異なる独特の艶があり、膜がより強固なため耐久性も高いです。

   <型押し革>
    革の仕上げに塗装面に加熱高圧プレスで型をつけたもの。
    ワニやヘビなどの柄を再現したものや、ドット、メッシュなど模様を施すことも可能でデザイン性に富んでいます。

   <オイルレザー>
    タンニン又はクロームでなめした後、革にオイル(動物性油)をたっぷりと染み込ませた革。
    撥水性に優れ、柔らかさとしなやかさが特徴です。

   <ブライドルレザー>
    タンニンなめし後に蜜蝋を染み込ませた丈夫な革で、使い込むにつれ光沢が増します。

              

   <エルクレザー>
    

   

         

   

 仕上げ方法による分類

   <素上げ調仕上げ>
    ほとんど仕上げ剤を使用せず革本来の美しさを活かした革。フェルトバフなどで艶を出しています。

   <アニリン調仕上げ>
    銀面のパターンが見透かせるような透明感ある仕上げ方法です。
    少し顔料を配合したセミアニリン仕上げ革も含まれます。

   <顔料仕上げ>
    顔料を使用することにより透明感が損なわれますが、銀面のキズを隠し
    均一な着色が出来る仕上げ方法です。厚い膜となるため、耐久性も上がります。
    雨や汗などの刺激に強く、汚れにくく、汚れが落としやすいです。

   <染料仕上げ>
    触った感覚がしっとりして柔らかく、革らしいシボが活かせます。
    色合いに透明感や深み感があります。

   <グレージング仕上げ>
    革の銀面に平滑性と光沢を与えることを目的に、メノー、ガラス、金属のローラーによって強い圧力を加えながら
    摩擦する仕上げ方法です。銀面の凹凸がなくなることで艶やいい黒味が出ます。

   <アンチック仕上げ>
    不規則なムラ模様などをつけてヴィンテージの印象を与える色調の仕上げ方法です。
    プリントや手作業、ローラーによる色付けがありツートン仕上げなどがあります。

   <エナメル仕上げ>
    パテント仕上げともいわれ、ウレタンなどの耐摩耗性で光沢のある合成樹脂仕上げ剤が用いられています。

   <パール及びメタリック仕上げ>
    溶剤可溶性染料にパールやシルバー、ゴールドなどを混合して塗装する仕上げ方法です。

   <アドバンチック仕上げ>
    仕上げラッカー上塗りを行った後に濃色のベール塗膜を塗布します。


         



ページトップへ戻る