TOPページ > コンテンツページ > エルクについて



ナショナル ジオグラフィック




エルク革について









パーリィーのエルク革は希少な本物のエルク革

   エルク革について日本皮革産業連合会の公式見解です。
   《エルク革、本来は北米や北ユーラシア大陸に生息する「大鹿」の革。
    最近は本物がほとんどない。現在エルクとよばれている革は、比較的厚い牛皮のクロム鞣し革で
    手作業やボーディングマシンで銀面をもんだもので。粗目のシボをつけたものをいう。》 
   しかしながら、パーリィーのエルク革は希少な本物のエルク革です。
   希少素材ですが、現地では食用として狩猟されております。
   この希少なエルク革は、すべて野生で9月〜12月までが現地での狩猟期間です。
   パーリィーでは現地のタンナーと年間契約をして、この希少なエルク革を日本に輸入しております。
   現在日本に輸入される本物エルク革の90%以上は、パーリィーで製品として加工されています。
   野生ですので体中キズだらけです。
   特厚に加え、柔らかくキズが全面にあるため、通常では製品に加工することは難しい素材です。
   肉厚で柔らかいこの素材は、縫製しづらく職人泣かせの革ですがパーリィーの職人たちはクォリティを保ちながら
   エルクの革を商品として加工しています。
   出来上がったエルク革の商品は、ふわっとした手触りがカシミアのようです。






エルク革のキズについて

   天然のキズが多数あります。
   北欧の厳しい環境で育ったエルクは、その身体に多くのキズを残しています。
   そのキズのひとつひとつが大自然を生きた証。
   同じキズはひとつとしてありません。自然が創り出したアートなんです。
   そのエルク独特のキズが商品として入ります。自然素材ですのでキズがない革はありません。
   ひとつとして同じ物がないキズを自分だけのアートとしてお楽しみください。


  








エルクも鹿革の特性を持ち同じ効果がある

   鹿革は本来シルバーを磨いたり、メガネレンズを磨くのに使用していました。
   エルクも鹿革の特性を持ち、同じ効果があります。
   なので、エルク独特の手触りでそのケースに入れているだけで液晶の汚れなども自然とキレイになるんです。
   もちろんケースで液晶画面を拭いてもキレイになります。
   革厚も4mmで極厚なので液晶もしっかり保護します。

   










ページトップへ戻る