TOPページ > コンテンツページ > 革製品の用語辞典[は行]



ナショナル ジオグラフィック


ハイカットとは

足首まで覆う高さがある靴をさす。

ハイヒールとは

「高いかかと」という意味を持つ、履くとかかと部分が爪先より高くなる形状の靴のことを指す。

履き口とは

ブーツなどの筒の一番上の部分。

バックスキンとは

大鹿などの皮の銀面を削り起毛させた皮。起毛させた革の総称にもなっている。本来はオスの鹿の皮から作られたものをいう。

バックストラップとは

パンプスのかかとがストラップ状になっている部分をさす。

バックルとは

靴、ベルト等につけられた留め金のこと。

パテントレザーとは

革の銀面にエナメルを塗ることで、光沢をもたせ、耐久性を与えたエナメル革のこと。

ハトメとは

紐を通す穴や飾りとして用いるの金具などを指す。布地ごとパンチ穴をあけてある様子が鳩の目に似ていることから付いた名前。

バフとは

銀面をサンドペーパーで擦り合わせる作業の事。

ハーフブーツとは

通常のブーツの丈に対してすねの中間あたりまでの靴。半長靴。

バルモラルとは

内羽根式のことを指す。くつ紐を通す穴(アイレット)のある革の端が、甲革の下に少しもぐりこんだ短靴のことを指す。

ハンマートウとは

きつい靴を履きつく出る事により、足の指が折れ曲がったままの状態になっているもの。足の指が長い人がなりやすい。

低寸とは(ひくずん)

ローヒールのことをさす。

ピッグスキンとは

豚の革で、しなやかで耐久性にも優れる。国内で唯一自給自足できる革原皮で、肉食用とされた残りの皮の部分を使用している。 海外でも日本のピッグスキンの質はとても良いものと評価されている、国内には10数件しかピッグスキンタンナーは残っていない。

ピンヒールとは

ヒールの中で。高さがあり、先がかなり細くなっているものをさす。

ファーとは

毛皮のこと。

フィッティングとは

ファッション業界では「試着」や「仮縫い」といった意味があるが、靴の場合では足に合わせた靴を選ぶ意味合いがある。 レザーゲートではイージーオ―ダを勧めており、通販でも足にきちんと合った靴を提供しております。

ブーツとは

くるぶしより上までくる長さをもつ深い靴や、長靴のことをさす。

フットウエアとは

靴や靴下など、足に履くものの総称を指す。

ブーティとは

くるぶし丈のショートブーツ。通常のブーツよりパンプスに近い感覚で履けるため、コーディネイトしやい。

ブラッチャーとは

外羽根式のこと。靴の皮と羽根の皮が一体化していないタイプ。英国ではダービー型とも言われる。

フラットヒールとは

ヒールの高さが1cmから1.5cmまたはそれよりも低いものをフラットヒールと呼ばれています。

ブラントトウとは

角を取った、丸みのあるスクエアトウの事を指す。

フリンジとは

糸房状の縁飾りのこと。布端の糸や紐を束ねたりしたもので飾りだけでなく、端の処理をする目的もある。

フレアヒールとは

ヒールの形状で、多くは下に向かって細くなっていくものとは逆に、下に向かい広くなっているもの。

プレーントウとは

爪先や縫い目などに何も飾りを付けてない、シンプルなスタイルの靴の総称。

ペコスブーツとは

アメリカ中西部エリアに流れるペコス川にて牧場や農場で働く人のワークブーツの一つであり、牛を誘導する場合の乗馬に適した高いヒール。鞍に引っ掛けない為のシューレースが省かれたデザインが特徴。 正確にはペコスブーツとはその形ではなく「REDWING」の商標登録である。

ベロアとは

牛革の裏を起毛させたもので、スエードより毛足が長くいもの。

ポインテッドトウとは

靴の爪先のデザインが、端の尖ったもの。

ホワイトバックスとは

アッパーが白いヌバックまたはスウェード素材で、靴底がレッドラバーソールやブリックソールの靴のことを指す。

現在登録されている商品はありません