TOPページ > コンテンツページ > 革製品の用語辞典[ま行]



ナショナル ジオグラフィック


マッケイ式製法とは

甲革・中底・表底を一緒に糸で縫い付けるやり方。底の返りが良く、履き心地が軽いのが特徴。

マット仕上げとは

つや消しの仕上げのこと。しっとりとした質感になる。

マニッシュとは

女性が男性的なエッセンスを取り入れたスタイルのことを指す。

ミュールとは

女性用のサンダルの一種で、踵がないがヒールがあるものを指し、華奢で装飾性の高いデザインで作られた物を指す事が多い。

ムートンブーツとは

羊の毛皮を使ったブーツで、履く内に足にフィットしてくるので履き心地が良く、暖かさが特徴。

メダリオンとは

靴のつま先につけた小穴飾りのこと。

メーンハンティングシューズとは

LLビーン社の出している狩猟用靴の事を指す。底に防水の特殊ラバーソールが使われで、防水のあるシューズ。

モカシンとは

元々は北米の先住民が履いていた靴で、表と底が1枚の皮でできている靴。また甲の部分が、丸く縫い合わされた靴の一つもモカシンという。

モンクストラップとは

ストラップとバックルで甲を固定する靴のこと。修道士(モンク)が履いていた事から、この靴の起源とされる。