TOPページ > コンテンツページ > 革製品の用語辞典[な行]



ナショナル ジオグラフィック


中敷きとは

靴中の底の部分に入れる足に直接受け止めるための敷物、最近では健康を考え足に合わせて作る事が増えている。インソール。

鞣す(なめす)とは

皮に薬品を用いて革へと加工する工程。革を使用する製品の場合に加工する為に必ず必要な作業、製品に合わせて革の特性を決める大事な作業である。なめし業者をタンナーと呼ぶ。

ヌバックとは

牛革の銀面をペーパーで摩擦して起毛させ、ベルベット状に仕上げた革。

ヌメ革とは

牛皮を植物タンニンに長時間漬込んで鞣したもの。